『自由くん』と『孤独ちゃん』

母を失って3年。母の命日からブログを書き始めて1年。独り身なので毎日自由だしラクちんですが非常に孤独です。お笑いばっか観に行って、仕事しては愚痴ばかり。母のことを思い出しては、未だにメソメソ。…さて、こんな私に家庭を持てる日は果たして来るのでしょうか?

いい子!!!!!

今日からまた3日間仕事。

つか、もう11月も末だってよ。。

今年もあと1ヶ月…。

私は今年、何をした???

身になることはひとつもしなかった!

いっぱい笑ったけどな!!!(ならいいか)

 

職場に着くと、事務所の中に見慣れない2人が座っていた。私は基本、裸眼なので人の顔がよく見えない。メガネは仕事中と運転中以外はしないので。(最近は買い物の時も仕方なくする)

 

どうやらその2人は研修生だったようなんだが、私がたるい感じで事務所に入ってったら、1人の子(多分、男の子)が、めちゃくちゃ深々と頭を下げてくれた。

 

今まで、そんな子居なかった。

新人でも、怯えながらペコッと挨拶するぐらい。

 

もうね。

武士か!!!

ってくらい、頭さげてくれた。

 

 

男子と女子1人ずつで研修に来てたようなんだけど、女子の子はまぁ、、、普通の感じ。悪くもないし、特に良くもない、みたいなw

 

現場での研修なのであまり絡んではないけど、昼休みに一緒にお昼を食べることになって…その時の男子の子の方が、まぁー態度の良いこと!!!

 

最っ高だったね。

 

 

現場をチラッと見たら、笑顔で・声も良く出てて。

あれはもう、全員から好かれるわね。

 

研修終わりの時の挨拶も、もう、めっちゃくちゃ良かった。

 

 

いやー!

あーいう子に、入社して欲しいっっ!!!

 

 

もう、多分、何百人に1人の逸材だよ。

あんな子、なかなか居ない。

絶対、出世する。

つーか、世に揉まれて汚れて欲しくない!まじで!

 

久々に言った。

 

 

「あの子!超イイ子!!!入社して欲しい!!!」

って。

私がこんなん言うのまじ無いからね??

数年に1回。あるか無いか。

 

 

…でもうちの職場でくすぶるような子じゃないよなー。

うちの職場なんかに居たら勿体無いような子だよ。

 

 

ほんっと、イイ子だった。

変な女に捕まらないで欲しいわ〜。

オバチャン心配しちゃう!!!

 

 

 

 

 

なんか、短時間勤務のババァがいま研修に来てんだけど、人の話は聞かないし、間違いは言い訳するし、思い込み激しくて攻撃してくるし、、、

良いとこ無しなの😓

私はそのババァからの電話を受けた時、タメぐちきかれて半ギレしたけど、新人(私の後輩)は、多少モメたらしい。新人は言ってないのに、ババァが「あなたがそう言ったんじゃないの!」と軽くキレたようで、ちょっとした喧嘩w

こーれーは。

またダメなパターンだろうなぁ。。

何人ダメになって辞めてったことか…。

みんな一生懸命教えるのに、入職した方が「思てたんと違う!」つって辞めてっちゃうんだよ。。

うちの職場に入ると、制服代が支給されるのだけど、何回その制服代払っては、すぐ辞められたことか…💧

もう嫌なの!

みんなで稼いだお金なのに、こうして盗っていかれるのは!!!😫

 

かたや、こんなババァもいれば。

 

すごく良い若い子もいる。

 

 

組織ってのは、難しいのぅ。。。

 

 

 

 

 

 

 

そういえば関係ないけど。

 

こないだ早出した時に、お客さん何人かから「もう、ユリ3はここにいなきゃいけない存在だからね」とか「ユリ3がこれをやってくれるから助かってる」とか、まぁとにかくお褒めの言葉をいっぱい貰っちゃってさ。

お世辞だとは思っても、やっぱ嬉しいよねー。

もう、本当に素で「じょうずだよねー!」って言ってた笑。「そう言ってもらえるから頑張れてるんですよ♡」と、話した。そしたらまぁー出てくるわ出てくるわ褒め言葉が。

 

苦しゅうない♡

 

 

でも私が遠征とかで長期で休んでると、お客さんは少し心配してくれてるらしい、、、。

「見かけないけどどうしたの?」みたいな。

推しを追いかけてるだけなのにねw

 

けどそれってめっちゃ嬉しい。

 

 

私は結婚もしてないし子どもも居ないから、パートナーやジュニアに必要とされる、、、ということが無くって、別に今、生きてようがしのうが、私は私だけの人生だからどっちでもいいよね、と思うことも結構あってね。今、私が居なくなっても、本当に悲しんでくれるのは多分、父しかいないと思うんだ。妹も他に大事なものがあるし、友人たちもそれぞれ家庭とかもっと大切なものがあるから。「私」を必要としてる人なんて、実はほぼ居ないの。これはまじで。まじで。

私が居なきゃ生きられない赤子でもいるのなら、私は「生きなきゃ!」と思うけど…他のことは、他の人がやっても間に合うんだよ。

別に、私が観に行かなくてもライブも成り立つし。時々アーティストが「また絶対同じメンバーでここに集まろうね」とか言ってくれるけど、、、いやいや、同じなんて絶対ムリだし成り立つからw

私が支えてあげないとダメなんだ!…という、売れてない推しを追いかけるのはやめたし笑、私が今やってることは、他の人で間に合うことなんだ。

 

だから私は、人生に絶望してるわけでもないけど生に執着もない。いつ、しんだっていいと思ってる。ここまで色々経験して楽しかったし。

 

 

けど時々そんな風に、必要とされてるような事を言ってもらえると、とっても嬉しい。もうちょっと頑張ってみようかな、という気にもなる。

こんな私でも、役に立ててることがあるんだな。

ちょっとはね。

 

 

 

〝必要とされてる〟では無いけど、、、

長谷川さんが時々言ってくれる「いつもありがとうございます」の…この〝いつも〟も実は結構嬉しい。

ラジオでメール採用される時も時々言ってくれるし、[モノクロ]で写真撮ってもらう時もたまに言ってくれる。

私を憶えてくれてるわけがないしみんなに言ってるのは分かってるけど、これって、小さいことでも結構嬉しいものなの。だからこれからもみんなに言い続けてね。営業トークでいいんです。ファンなんて、単純なもの。そういうので頑張れるんだから。

 

 

 

 

とりあえず何が言いたいかというと、、、

私は日々小さなことで支えてもらってます。

ということ。

 

推しは、

謹慎しなきゃならないようなことはしないでね。

元気でいて。

しなないでね。(本気です)

 

 

私を支えてくれてる棒、引っこ抜かないでね。