『自由くん』と『孤独ちゃん』

母を失って3年。母の命日からブログを書き始めて1年。独り身なので毎日自由だしラクちんですが非常に孤独です。お笑いばっか観に行って、仕事しては愚痴ばかり。母のことを思い出しては、未だにメソメソ。…さて、こんな私に家庭を持てる日は果たして来るのでしょうか?

M-1グランプリ2019 準決勝

ナイツのディレビュも千鳥のライビュも観に行こうとして結局やめちゃったけど、M-1だけは観に行ってきた。ディレビュ。

ライブ・ビューイングって書いてあったけど、ディレビュよね?本来17時から始まってたのが、19時から映画館だったのだから。

よく分からんけど。

 

正直言うと、私は今たくろうとコウテイの漫才にハマっているところなので(M-1チャンピオンの漫才はみんなハマってるし大好きだけどもうこの方々は別格)、彼らが敗退してしまった今、本当は楽しみが半減していたのです。

だから、今年のM-1はもう、あんまりな〜…的な感じだったけど、でも、よく知らんコンビも多く準決勝に進んでいたし、これは私は食わず嫌いの可能性もあるぞ?!と。今はコントにどっぷりですが、元々漫才が好きな私ですから、観てみたら好きなネタが出てくるかも?!…と思って、観に行こうかしら、と。M-1のディレビュなんて初の試みだしね。それについても興味あったというわけ。

 

まぁでも、私は寄席をよく観に行っていて思うけど、画面を通して観るのと、ナマで観るのってなんか全然違う。空気感とか、迫力もだし、、、語彙力が無くてうまく具体的に説明はできないのだけど、なんだろ…例えば私は凄く苦手だった漫才も、ナマで観てみたらめちゃくちゃ面白かった、ということが多いのです。だから、映画館というデカいスクリーンで観てても、ナマには勝てないよなぁ…と思いながら観てました。でも、そこを超えて爆笑かっさらってく芸人が、本当に面白いのかも、、、と思ったりしました。

 

 

そんな中で、私が好きだったネタは、、、

 

ニューヨーク

ミルクボーイ

ぺこぱ

ミキ

天竺鼠

見取り図

和牛

 

の、ネタですね。

(元々好きなコンビ、とかは考えず)

 

ネタバレできないので、内容は書けないけど…現場でも結構ハネてたんじゃないかなぁ、と思う。

私はミルクボーイは知らなかったけど、面白かったんだよなぁ。知れたということが嬉しい。なんなんだろあのベテラン感。1つのワードであんな広がります??正直、決勝のネタ何持ってくるんだろ?って楽しみにしてる。(同じかな?)

 

ミキや和牛は、寄席でも観たネタ。

でも和牛に関しては、他のネタの一部分とかも合わせて組み立ててるような感じもした。あ、この部分とこの部分知ってるけど、設定違う!…みたいに感じた。(説明下手か!)

そんでミキは、勢いあるなぁ〜、って。

 

天竺鼠は私はずっと苦手だったのですよ。(他にも苦手さんはいました)

理解不能というか…どこをボケとするの?もう、ずっとボケなの?逆にボケてない?…みたいな。

混乱。笑

 

でも寄席で漫才観て好きになったクチです。

 

笑いが止まらなかったのはニューヨークかな〜w

くだらな面白かった。笑

 

 

私が好きだった中で、決勝に進んだのは…

ニューヨーク

ぺこぱ

ミルクボーイ

見取り図

かしら?

 

すゑひろがりずも確かに面白かった。

あの決勝の舞台で観るのも楽しみだな、あれ。

 

和牛が準決勝敗退だったのは衝撃だったしめっちゃ話題になってたね〜。

敗者復活から優勝するというシナリオ?!笑

なんてな。

それは出来すぎてて逆にやだw

…んー。でも安定してるし面白かったんだけどな〜。

トリだったのもあって、〝満を辞して感〟があったかもしれないなぁ。(なんだそれ)

3年連続準優勝で、今年もどうせ決勝行けるんでしょ、、、とご本人たちが思っていたかは分からないけれど、客側としてはそんな空気だったような?そういう空気がダメだった?

知らんけど。

まぁ確かにフレッシュ感は無いような。笑

ベテラン感で、面白い漫才してくれていたと思うんだけどな〜。

なぜ敗退?!

という感じ。

 

 

 

 

結局のところ、審査員の方々がいくら〝公平に〟審査するとは言っても、やっぱりそれぞれ〝好み〟はあるわけで。みんな笑いのツボはどうしても違うと思うから、そこに居る審査員にハマるかどうか、、、って結構重要に思う。

でも、万人ウケするようなネタだと会場も爆発的になるわけで、それはやっぱ審査に加味されるよね?

とは言え、その作り込まれたネタが〝賞レース用〟なのかも…と思うと何となく切ない気持ちにもなったり。

「4分」という制限時間で、いかに会場を爆発的にさせて、、、というネタの考え方が、本当に作りたいネタとマッチしてるんだったらいいんだけど、「こういう展開にしとけばウケるだろ」みたいな感じだったら嫌だなぁとも思ったり😅

ミュージシャンも、本当に自分が描きたい曲ではなくて、〝売れる曲〟を描かされるというしさ、なんか、それと同じ…みたいな。。

 

何が言いたいのか自分でもよく分からないけど笑、自分たちがやりたいネタで、その日観てる人たち(審査員も客も)にハマるのがベストだよね。と。

 

 

 

決勝に進んだメンツのことで色々と話題になってるけど、私はそろそろ和牛に優勝して欲しいなと思う一方で、無名の芸人さんにスポットが当たって欲しいなとも思うわけです。

かまいたちはラストイヤーなのとKOCとの2冠もかかっていたりするわけで、優勝の期待はありつつ、、、でももう売れてるしいいやん、という気持ちも正直あるんだよね。。

あんまり日の目をみない芸人さんが、一夜にしてバッとブレイクするシンデレラストーリーは、ベタでも素人として見たくなっちゃうのですよ。そうやって売れて欲しい芸人さんいっぱいいるし。

賞レースなんて、そういう利用のされ方でもいいやん、と思ったりもする。本当に面白い人たちに埋もれて欲しくない。売れないで辞めてって欲しくない。お笑いを続けてもらうために、賞レースで注目されて欲しい。そう思う。

 

だからKOCで注目されたうるブギさんなんかは、本当に良かったねと思ってるよ。すげー面白いし。私が初めて観たのは去年だけど、その時からずっと好き。

 

本当に面白い芸人さんに、売れて欲しい。

 

 

 

 

今年はあんまり寄席で漫才を観てない気がして、M-1にかけるネタを去年ほど観れてないよな〜…とか思ってたけど、ミキも和牛も、あと準決勝には来れなかったけどゆにばーすも、私が寄席で観たネタをM-1でかけていたようで、あ、私、意外と観れてたんだな。と嬉しくなった。

やっぱ漫才好きだなー。

 

とりあえず和牛のあのゾンビのネタが観たい。笑

 

 

 

 

M-1決勝の日、仕事にしちゃったよ…。

休んで【チョコプラと遊ぼう】観に行きたいと思ったけどそんなんしてる場合じゃないやw

敗者復活戦観たいじゃん!

でも昼間だと観れないじゃん!

 

これは、決勝のOAまでに必死で帰らないと。。