『自由くん』と『孤独ちゃん』

母を失って5年。母の命日からブログを書き始めて3年。独り身なので毎日自由だしラクちんですが非常に孤独です。お笑いばっか観に行って、仕事しては愚痴ばかり。母のことを思い出しては、未だにメソメソ。…さて、こんな私に家庭を持てる日は果たして来るのでしょうか?

素直になれない

今朝は早出。

色〜んなモヤモヤを抱えて出勤すると、他課の新人が出勤してカギを開けてくれていた。

カギを開けてくれんのは有り難いけど、キミ、この時間にいつも出勤できるんだったらこの土曜日の早出の当番も毎回やってくんねぇかなぁ…😓(ちなみにその子は今日別に早出では無い)

俺はもう月イチの当番だって嫌なんだよ。。

 

そんなことを思いながらも新人に軽々しく言ったらパワハラになっちゃうかな〜…とか思って言うのは我慢。

ただ、トイレ入ったっつーのにそこにある日めくりカレンダーをめくってなくて、それは注意しちゃった。

「この仕事は〝気づき〟が大事なんだからさ、〝誰かやるだろう〟じゃなくて、自ら見つけていかないと〝気づき〟って鍛えられないよ?」

つってwww

 

嫌なババァww

 

 

 

とりあえず時間外手当も貰ってるんで早出の仕事はちゃんとやった。

でもテレビをかけていたらNHKでは高校野球が始まったのでもうチラチラ見ちゃってたよねw

 

やがてその早出の仕事は終わったので、後輩が用意してくれた朝食を食いながら始業時間まで高校野球を観る。(その20分は手当を貰ってないので)

 

弘前聖愛vs石見智翠館だった。

 

中継が始まった時には既に聖愛は2点獲っていて、やー、さすが強ぇなぁ、、、と思ってたんだけど、私が観てたら石見が追いついて2-2。

 

んだよ〜、こっから面白いのに〜😩

と思ったが、始業時間になってしまうので観るのをやめて仕方なく事務所に戻って朝礼などをこなした。

 

しかしその後ボスがすぐ不在になったので(要は帰ったんだけど)、PCで高校野球観るに決まってるよねww

 

バーチャル高校野球で配信を観ながらの仕事。

 

まぁ、少ないとはいえ電話もかかってくるし客も来るので試合は集中して観れなかったんだけど、事務作業中にふと試合を観たら、その瞬間に石見の宮本くんが2ラン。

 

あいや〜😅

って思った。

聖愛、勝ってたのに…!

 

その後もまぁ仕事に追われてしまい、気づいたら試合終了してました。でも、9回に聖愛が1点返してたらしく、あぁ…これはきっと展開的に面白かったろうから観たかったな〜😫…って思った。

おばちゃん、9回の劇的な展開が大好物なんすわ。。(きもい)

 

今は甲子園に殆ど観客が居ないからアレだけど、パンパンにお客さんが入ってる時って、負けてる学校にチャンスが来て押せ押せムードになってくると空気がぐわっと変わったりするじゃん。もう、球場全体が負けてる学校の方を応援する空気になるの。追い風になるんだよ、あれ。

結局、そのムードにヤラレて9回にとんでもない展開になったりする。

あれが、、、やばい。

甲子園には魔物がいるよね。。

すんごい点差でも、逆転できるかもしれないと思えるのが高校野球。だから好きなの。

ずーーーっと観てられる。

 

試合が進んで、だんだんと負けた高校が地元に帰っていっちゃうのが本当に悲しい。

1日に実施される試合の数が減ってっちゃうのが悲しい。。

 

夏よ、オワラナイデ…😭

 

 

 

私が高校の時に後悔しているのは、祖父母宅に泊まり込みでバイトをしていたので、母校が甲子園に行って勝ち進んでも、関西に泊まらなかった…ということ。

友人たちはみんな泊まって翌日の試合も観てたのに、私は悲しく帰ってたんだよなぁ。。

今思うと馬鹿なことしたよなぁ。。

でも、1回泊まると5000円かかったし、親にそんなに負担かけたくなかったのもあるんだよね…😅

考えてみれば、1回5000円ならめっちゃ安いじゃん!…ってハナシなんだけど💧(寄付金などでカバーしてくれていたので生徒の負担は安かった)

あの頃の私はまともな判断が出来なかったようだ。。

 

ここ最近は全然母校が甲子園に行けないから私も行ってないけど(このご時世だと私は学校関係者じゃないからそもそもアルプススタンドに入れないけど)、いつかまた甲子園で試合が観たいなぁ〜。

その時はもう、関西に泊まりこんで母校以外の試合もめっちゃ観まくりたい!!

 

そんぐらい、観てられる。。

 

 

 

 

だもんで今日は1日中PCでは試合をかけといて、ちょこちょこ観てました。時にはテキストだけで試合を追ったりね。

一応まぁ今日の仕事のノルマは済んだしいいでしょう。。

 

しかしバーチャル高校野球で今年の甲子園観たの初めてかもしれないんだが、バッターの紹介の時に「好きな言葉」がテロップに出たりすんのね。

まぁ大体は「全力」とか「気持ち」とかなんだけど、中には「報恩謝徳」という子もいて、おぉ〜👏と思ったり。

 

私の「好きな言葉」って、

訊かれたら何だろうなぁ…🤔

などと考えてしまった。

 

高校生も凄いよね、試合後にインタビューされてさ、しっかり答えたりしててさ。オリンピックとかでもそうだけど。

 

それでそんな「好きな言葉」とか訊かれて、これも答えなくちゃならなくて。。。

 

大変だほんと😅

 

 

 

それで結局、私が絞り出した言葉

「笑門来福」…だったんですが😅

 

すまん、こんなんで😅

(誰に)

 

 

 

でも私、「笑いたい」らしい。。

 

 

 

 

 

 

夜、久しぶりに友人たちとLINEのやり取りをしていた。8/3に誕生日だった友人(Y)がおり、そのYの誕生会をどうするか…的な話だったのでYはLINEに入っていなかったのだが、、

 

Yに「誕生日おめでとう」とLINEを送っても、みんなに返事が来ていなかった。ちなみに私は未だに連絡が来ていない。

しかし友人の中には「コロナで入院してんのかも💦」と思った者もおり、無理矢理連絡をとってどうにかYが無事なことを確認したらしい。

 

私は正直、Yがその子にだけ連絡をくれた…というのも羨ましかったし、「何かあったのかも💦」と心配してもらえてたのもすげぇ羨ましかった。

 

私が推しに傾倒していることをみんなは知ってるし、きっと私を心配した人は居ないと思う。

 

 

 

でも私も苦しいので、

本当は気にかけて欲しかった。

(かまってちゃん過ぎて自分が嫌い💧)

 

 

 

このLINEのやり取りをキッカケにして、素直に「苦しい」「助けて」と言えたらどんなにいいかと思った。

 

でも私の悩みなんてきっと他人からしたらただの「甘え」なんだろうし、みんなそれぞれの家庭があって忙しいのに、独りで時間がたくさんあるような〝私〟に、構ってられるわけが無いと思った。

 

だけどみんな優しいから、絶対ハナシは聞いてくれるはずなの。現に、LINEでも優しい言葉をかけてくれていた。

 

私は「大丈夫」と言うばかりで、なんにも言えなかった。

 

本当は孤独に押し潰されてしまいそうなのに。。

 

 

 

友人たちとLINEが出来ている時点で、〝孤独〟では無いのかもしれない。でも、私は独りなのだ。

寝ても、覚めても、独りなのだ。

この虚無感は誰にも伝わらないと思う。

 

きっと素直にSOSを出せたら、みんなのことだから何かしてくれると思う。でも私はそこに素直に甘えにいけない。「私なんかのために時間を使わせるのは申し訳ない」と思ってしまう。

ここが自分の可愛くないところなんだろう。

 

 

 

あぁ…

生きていることがつらい

って言えたなら。。。

 

 

 

だけど世の中には私なんかよりももっと深い悩みで悩んでる人はたくさん居て、私の脳内なんてお花畑みたいなもんなのかもしれない。

だから、言えない。言わない。

 

でもみんなの優しい言葉と、それに素直に甘えられない自分の歯痒さに苦しくなって、風呂で泣いていた。

 

笑ってないと、福が来ないのに。。。

 

 

なんで自分って

こんなにひねくれ者なのかな…。

 

 

 

だけど先日の占い師さんのハナシがもし当たっているとしたら、私はこんなとこで素直になれないと悩むことの無いくらい、無理をしなくても自然につき合える人とお友達にはなれるんだよね…?

 

無理に繋がろうとしなくても

素直になれなくても

 

ラクでいられるような、

そんな人に。。。

 

 

出逢いたいなぁ

「片割れ」に。。。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに今日は「献血の日」だそうで、Yahoo!ニュースで記事になってた。

コメ欄を見たら、意外と「持病などで献血ができない」という方も多く、「やりたい気持ちがあるのにできない」という人も多かった。

 

私はできるのだし

こんな人間なんだから

 

少しは世の中の役に立つために

生きた証を残すために

 

また再開しようかなぁ…。

 

 

 

 

 

確か去年の10月だったと思うけど、献血後に倒れて意識喪失し、それ以来、献血には行けていない。

その時のことがトラウマだからだ。

「また倒れたら迷惑をかける」

そう思うと、なかなか行けない。

 

最初のキッカケは「血液型を知りたい」という理由で献血に行っただけだし、その後は「緊急事態宣言下でも行けるところだから」という理由でもあった。出かけたかったから、行ってただけ。優しいナースさんと交流したかったし、献血ルームにいるとあんまり孤独も感じなかったんだよな。気にかけてくれたりもするしね。

 

「誰かを助けたい」とか

そういう意識は最初ほとんど無かった。

 

でもこれこそ

「入口はなんでもいいんだ」(by 野村くん)

とも思ってる。

 

やることに意義があるから。

 

 

 

 

今度はペースをぐっと下げたうえで

献血も再開していければと思ってる。

 

 

そういう理由づけでもしないと

 

 

また、

だめになってしまいそうだから。。。